アマゾンの熱帯雨林破壊の背景と、もたらす影響とは!?

アマゾンの熱帯雨林は、ブラジルにおいて貴重な自然資源であり、世界的な生物多様性の宝庫です。しかし、近年、商業的な活動による熱帯雨林破壊が進み、その結果、ブラジルは重大な損失を被っています。

この記事では、アマゾンの熱帯雨林破壊がブラジルに与える様々な影響についての解説と森林伐採の増加による、生態系への影響をまとめています。

目次

  1. アマゾンの熱帯雨林破壊の影響

  2. アマゾンの熱帯雨林破壊がもたらす影響

  3. 将来の取り組み、展望

  4. まとめ:アマゾンの熱帯雨林破壊の現状を知り、解決に向けた一歩を踏み出そう!

1. アマゾンの熱帯雨林破壊の影響

アマゾンの熱帯雨林の重要性の解説、現在起きているアマゾンの熱帯雨林の破壊の背景、その具体的な被害について解説しています。

(1)アマゾンの重要性

この記事の「アマゾンの熱帯雨林破壊の影響」を解説する前にアマゾン自体の重要性と地球にとってのアマゾンの重要性を解説します。

生物多様性の保護

アマゾン地域は、驚異的な生物多様性を有しており、数千種類もの植物や動物が生息し、多くの固有種が存在しているため、世界全体の生態系へ大きく影響しています。また、アマゾンでは未知の生物種や薬品の発見につながる可能性が示唆されているため地球全体にとって重要な地域といえます。

酸素の供給

アマゾンの熱帯雨林は、酸素の生産源として非常に重要な地域です。緑の葉から酸素を放出する光合成作用により、地球全体に酸素が供給されているため、アマゾン地域の破壊や減少は、酸素供給に直接的な影響を及ぼし、地球の大気に深刻な変化をもたらす可能性があります。

水循環の維持

アマゾン地域は、巨大な河川網を有しており、水循環において重要な役割を果たしています。具体的には、雨水を貯蔵し、水蒸気を放出することで、地域や周辺地域への水供給を支えているため、アマゾン地域の破壊は、水資源の減少や気候変動の影響をもたらし、農業や生活に深刻な問題を引き起こす可能性があります。

 

先住民族の文化と生活

アマゾン地域には数百の先住民族が住んでおり、彼らの文化と生活にとって必要不可欠な地域です。そのため、アマゾン地域の保護は、先住民族の権利と文化の維持を支援し、社会的な安定と共生を促進する役割を果たします。

研究と科学の進展

アマゾン地域は、科学研究や環境保護のための貴重な場所であり、新種の発見や環境変動の研究は、地球環境の理解や持続可能な開発に不可欠な地域で、アマゾン地域の保護は、未来の世代のための知識と科学的な進展を促進する重要な役割を果たします。

上記の通り、アマゾン地域は、私たちの地球上で不可欠な存在であり、その重要性を認識し、保護することが地球全体にとって重要な要素となっています。

出典:特定非営利活動法人 熱帯森林保護団体(RFJ)『アマゾンの現状』

出典:国立研究開発法人 科学技術振興機構「SDGsリレーブログ vol.06 ブラジル編」(2020/1/31)

(2)アマゾンの熱帯雨林破壊の背景

アマゾンの熱帯雨林破壊の背景は、ブラジル政府の開発政策と商業活動の拡大に関連しています。過去数十年間、ブラジル政府は経済発展と農業生産の促進を目指し、アマゾン地域の開発を進めてきました。

開発理由の背景には、世界的な食品需要の増大や牛肉・大豆などの商品の需要が高まったことがあり、ブラジル政府はこの需要に応えるため、アマゾン地域の開発を進める政策を採り、土地の開放や農業・牧畜業の促進、道路やインフラの整備などを通じて、アマゾン地域の利用地域を拡大しました。

この結果、アマゾンの熱帯雨林は急速に破壊され、森林伐採によって広大な領域が失われ、生態系が深刻な影響を受けており、森林の伐採は生物多様性の減少や多くの動植物種が絶滅の危機にさらされています。また、大気中の二酸化炭素の吸収量も減少している状況が続いており、気候変動の悪化への影響も及ぼしています。

出典:特定非営利活動法人 熱帯森林保護団体(RFJ)『アマゾンの破壊の現状』

(3)アマゾンの熱帯雨林破壊による具体的な被害

上述で述べたように、アマゾンの熱帯雨林破壊による被害は多岐に渡りますが、その具体例をいくつか紹介します。

生物多様性の減少

アマゾン熱帯雨林は世界でも最も生物多様性が豊かな地域の一つですが、近年の自然破壊により多くの動植物種が絶滅の危機にさらされ、生態系が崩れています。

気候変動の悪化

アマゾンの熱帯雨林は二酸化炭素を吸収し、酸素を供給する重要な役割を果たしていますが、自然破壊により二酸化炭素の吸収能力が低下し、気候変動の悪化を招く恐れがあります。

先住民族の問題

アマゾン地域には多くの先住民族が暮らしているため、熱帯雨林の破壊は彼らの生活基盤を脅かし、文化や伝統を破壊する恐れがあります。

水資源の減少

アマゾンは重要な水資源を提供しており、河川や湖沼の源流となっています。そのため、森林の破壊により、水循環が乱れ、水資源の減少や水不足の問題が生じる可能性があります。

経済への影響

アマゾンは地域経済にも重要な役割を果たしています。破壊により、森林資源の喪失や生態系の崩壊が経済に悪影響を及ぼし、農業や観光業などの産業にも打撃を与える可能性があります。

これらの被害は単なる地域的な問題にとどまらず、世界全体に影響を及ぼす重大な課題です。そのため、アマゾンの熱帯雨林保護と持続可能な開発の両立が求められており、国際的な取り組みや関心が高まっています。

出典:特定非営利活動法人 熱帯森林保護団体(RFJ)『アマゾンの破壊の現状』

2. アマゾン熱帯雨林破壊とブラジルの関係

アマゾンの熱帯雨林破壊がブラジルに与える影響の解説、アマゾンの熱帯雨林破壊に対するブラジルの対応について解説しています。

(1)アマゾン熱帯雨林とブラジルの関係

2023年5月4日に発表されたブラジルの気候と開発に関する報告書によれば、アマゾン熱帯雨林の気候変動や違法な森林伐採、牧草地の拡大が、ブラジルの農業生産、水供給、水力発電などを危険にさらす可能性があると示唆されており、その結果、アマゾンの被害がブラジルに1840億ドルの損失をもたらす可能性があると、世界銀行が報告しました。


また、報告書では、「ブラジルはまもなく転換点に達する可能性がある」と警告しており、その閾値を超える見込みの費用は、2022年からの国内総生産(GDP)の約10%に相当します。

この結果、既に極端な気象環境がブラジル経済に影響を与えており、銀行によると、年平均26億ドルの損失が発生しています。また、2030年以降には80万人から300万人のブラジル人が極度の貧困に陥るリスクがあると報告されています。

出典:BBC「Amazon deforestation: Record high destruction of trees in January」(2022/2/11)

出典:THE WORLD BANK「Brazil can be both richer and greener: World Bank Group outlines opportunities for climate action and growth」(2023/5/4)

(2)アマゾン熱帯雨林破壊に対するブラジルの対応

ブラジルの大統領は、アマゾンが回復困難な状態に近づいているという科学者たちの警告に応じて、森林伐採の増加傾向を転換するという声明を出しています。また、本対策としてブラジルでは国際的な支援を求めており、ブラジル主導の国際イニシアチブであるアマゾン基金では、アメリカから5億ドルの支援を受けることが決まりました。

ブラジルは現在、イギリス、フランス、日本、欧州連合とも協議中であり、2008年にドイツとノルウェーと共同設立された基金に参加する予定です。また、銀行の予測では、持続可能なインフラを整えるための資金は、2030年までの毎年の投資額がGDPの3.7%に上ると報告されているため、私的な資金や国際的な資金に頼る必要があると述べています。

ブラジルは「政府の違法伐採の抑制と2050年までに二酸化炭素排出量をゼロにするという約束を果たすことで、農業、エネルギー、都市部門のための重要な生態系を維持し、二酸化炭素の大幅な削減が実現する」と述べており、今後対策が講じられる予定です。

出典:BBC「Amazon deforestation: Record high destruction of trees in January」(2022/2/11)
出典:BBC「Amazon Rainforest: Highest deforestation rate in six years」(2022/7/9)

(3)アマゾンの熱帯雨林破壊に対するブラジルの具体的な対応

ブラジルは、アマゾンの熱帯雨林破壊に対処するため、以下のような取り組みを講じています。

法律と取り締まりの強化

ブラジルではアマゾンの違法伐採が横行しているため、政府は違法な森林伐採に対して法律を厳格化し、取り締まりを強化しています。具体的には、違法伐採や土地の不法占拠に対して罰則を導入し、摘発活動を強化することで、違法行為の抑制を行っています。

持続可能な森林利用の促進

ブラジル政府は、持続可能な森林利用の促進を実現するために森林管理計画の策定や持続可能な林業の推進、地元コミュニティへの支援などを通じて、森林資源の適切な利用を促進し、森林保護に現実的且つ効果的な対策を講じています。

先住民族との協力

ブラジルは、アマゾン地域に住む先住民族との協力を強化しており、先住民族の土地権利の保護や、彼らの持続可能な生活様式を尊重する政策の実施を通じて、彼らと連携し、地域の保護に取り組んでいます。

国際協力と資金援助

ブラジルは、国際的な協力と資金援助を受けて、アマゾン地域の保護に取り組み、国際機関や他の国々との協力を強化し、資金や技術の支援を受けながら、環境保護の取り組みを進めています。

これらの対策は、ブラジル政府の意識と取り組みの一部ですが、課題は山積みであるため、継続的な取り組みと国内外の協力が必要であり、アマゾンの熱帯雨林の保護と持続可能な開発の両立を目指して取り組んでいく必要があるといえます。

出典:朝日新聞デジタル『「30年までにアマゾン違法伐採ゼロ」ブラジル大統領』(2021/4/23)

3. まとめ:アマゾンの熱帯雨林破壊の現状を知り、解決に向けた一歩を踏み出そう!

この記事で解説しました通り、アマゾンの熱帯雨林破壊は深刻な被害をもたらしており、生物多様性の喪失や気候変動の悪化、水循環への影響などの国際的被害が多数あります。

ブラジル政府は法律の強化や持続可能な森林利用の促進、国際協力などの対策を取っていますが、課題は多数残っているため、今後も持続的な取り組みには国内外の協力を含めた対策を行う必要があるといえます。

そして、企業や個人レベルにおいては、アマゾンの現状に目を向け、寄付を行う等により熱帯雨林破壊の解決を目指していくことが今後大事になっていくでしょう。

資料 この1冊でLCAの基礎を徹底解説資料 サプライチェーン全体のCO2排出量Scope1〜3算定の基礎を徹底解説
サプライチェーン全体のCO2排出量Scope1〜3算定の基礎を徹底解説